トップページへ 農園紹介 カタログ 通販リスト 鈴木農園 魂! リンク 農園新聞
   


バックナンバー
2013年5月号
2013年1月号
2012年11月号
2012年4月号
2011年10月号
2011年7月号
2011年2月号
2010年10月号
2010年6月号
2009年6月号
2008年12月号
2008年9月号
2008年3月号
2007年11月号
2007年5月号
2007年1月号
2006年10月号
2006年8月号


2012年4月号


 

先日、野菜ソムリエサミット第9回に参加してきました。
今回のテーマは「カブ」
私たち鈴木農園も参加し、「黄カブ」を出品しました。
まずまずの評価をいただきましたし、 またヤママツ鈴木農園の黄カブを全国に知ってもらえる機会ともなり、 参加してよかったと感じています。

野菜ソムリエサミットとは?
野菜ソムリエや青果流通業界に携わる審査員が、生活者の視点から農産物を評価し、その声を生産者にフィードバックすることで、生活者と生産者をつなぐ品評会です。




 
黒キャベツ   ムラサキカリフラワー

 







百姓は「百(たくさん)」の「姓(かばね=称号)」という2文字からなりたっています。
要するに様々な顔を持たなければいけないという意味です。
普段は農業従事者ですが、時には経営者に、時には販売者にもなる必要があります。だから現状維持、ただ農業だけをしていても「百姓」とはいえません。
新しいことを常に学び、取り入れていくからこそ「百姓」といえるのではないでしょうか。 それで今年もいろいろ新しいことに取り組んでいく予定です。
そんな取り組みのひとつに、料理人さん達の農業体験があります。
先日、あるレストランが社員教育の一環として、私達の農園で農業体験をしていかれました。夜遅くまで一日中、一生懸命に働いてくださいました。なかなかできることではありません。
でも、料理を提供する際に「この野菜は私が収穫したんですよ」と言えたら、さらにお客さんにも喜んでもらえるし、料理人さんも作る時にいつも以上に気合いが入るのではないでしょうか。
「百姓」として、ただ単に野菜を造るだけではなく、料理人・お客様・農家それぞれが喜べる取り組みをしていきたいものです。

 



お問い合せ先
有限会社ヤママツ鈴木農園
〒431-0201 静岡県浜松市西区篠原町725/ TEL 053-447-5794 / FAX 053-447-8781


Copyright © 2017 ヤママツ鈴木農園 All rights reserved.