トップページへ 農園紹介 カタログ 通販リスト 鈴木農園 魂! リンク 農園新聞
   


バックナンバー
2013年5月号
2013年1月号
2012年11月号
2012年4月号
2011年10月号
2011年7月号
2011年2月号
2010年10月号
2010年6月号
2009年6月号
2008年12月号
2008年9月号
2008年3月号
2007年11月号
2007年5月号
2007年1月号
2006年10月号
2006年8月号


2008年12月号





世界で一番早く収穫できるオニオンヌーボーの出荷を始めました!当園自慢の野菜です。今年は雨の影響も少なく、例年より早く収穫できています。小振りの水分が多い玉ねぎ。加熱するとその甘みがさらにいっそう引き立ちます。
黄カブやパースニップも大きくなってきました。これから寒くなるにつれ、どんどんおいしくなります。
ご希望の方は農園に来ていただくか、お電話にてお問い合わせください。


甘みが際立つオニオンヌーボー

 

煮込み料理にぴったりの黄カブとパースニップ





「料理人の方へ、農家の上手な活用方法」

料理人の方々が農園に来てくれるのは、私たち野菜の生産者にとって嬉しいことです。
実際、畑に足を運んでいただくと、いいことがあるかもしれません。

例えば、農園に来ていただければ、「この野菜でき過ぎて余ってるよ〜。」というお買い得な野菜もあるんです!農業は自然に左右される部分が大きいので、人がコントロールしきれるわけではありません。だからお買い得な野菜に出会えるチャンスがあります。

そして畑に来ていただければ、思わぬ野菜や情報を紹介できるかもしれません。例えば、「一般的には和食で使われているけど、こんなおもしろい野菜があるよ」というような・・・。私たちにとって自分が丹精を込めて作った野菜が、自分たちが想像もつかないような形で料理に生まれ変わるのを見るのは、すごく刺激的。だからこそ、和食の野菜、洋食の野菜と始めから固定観念を持たず、いろいろな野菜を使ってもらいたいと考えています。

私たち農家にとって、野菜のことに詳しい料理人の方との出会いはとても嬉しいもの。八百屋さん以上に、今何がいいか、今何が安いのか詳しい料理人さんもいらっしゃいます。そしてその素材がいいか悪いか見極める目。そんな目を持つ料理人の方と出会う時は、嬉しくもあり、同時に「中途半端なものをだせないな」という恐さもあります。

農家が“流し”なら、お店は“調理台”。

私たち農家は野菜を洗って、調理台にお届けします。私は農家と飲食店は別々じゃなく、一つの厨房だと考えています。だからいろいろな意見交換をさせていただけたら嬉しいのです。



お問い合せ先
有限会社ヤママツ鈴木農園
〒431-0201 静岡県浜松市西区
篠原町4116/ TEL 053-447-5794 / FAX 053-447-8781


Copyright © 2017 ヤママツ鈴木農園 All rights reserved.