トップページへ 農園紹介 カタログ 通販リスト 鈴木農園 魂! リンク 農園新聞
   


バックナンバー
2013年5月号
2013年1月号
2012年11月号
2012年4月号
2011年10月号
2011年7月号
2011年2月号
2010年10月号
2010年6月号
2009年6月号
2008年12月号
2008年9月号
2008年3月号
2007年11月号
2007年5月号
2007年1月号
2006年10月号
2006年8月号


2006年8月号



インカのめざめ

甘いと有名なじゃがいも、インカのめざめ。生産量も少ないため、なかなか手に入りにくいそうです。今年のインカのめざめは出来が良く、独自の処理により糖度もどんどん上がっています。ご希望の方はお気軽にお問い合せください。

鈴木農園自慢の「減化学肥料栽培農産物」ルッコラは、今年も好調に出荷しています。

みよしな 売れ行き好調です ルッコラ 今年の出来は好調
バジル 平均的な出来 セルバーチコ 不調です
デトロイト 不調です タラゴン 不調です




5月29日より施行された、残留農薬の規制が強化されたポジティブリスト制度。この制度により農薬の散布などに関し、生産者が個人としてだけでなく地域ぐるみで考える必要がでてきました。ヤママツ鈴木農園では“安心・安全を売る”を基本にしていますから、この制度は問題なくクリアしています。当園で栽培しているルッコラについては、特別 栽培農産物の「減化学肥料栽培農産物」として認証も受け、農薬が使われていないことが証明されています。

しかし食品の安全性が話題に多く上りはじめると、ふとそれでいいのだろうかと考えさせられます。野菜づくりが、ただ“安心・安全”だけかというと、それは違います。 やはり“美味しい”かどうかが重要だと思います。だって食べるものですから。そのために当園では、浜松の料理人の勉強会に参加し、野菜の出来具合いをいつも味見してもらい、食べて美味しいかどうかをいつもチェックしてもらっています。

どうぞこれからも当園の野菜の味について、ご意見をお聞かせください。





「いつから子供の野菜嫌いが始まるんだろう?」


子供たちの嫌いな野菜をあげると、だいたいがピーマン、トマト、なすといったところにパターン化しているような気がします。ちょっと個性がある野菜といったところでしょうか。 しかし小さな頃はそんな野菜も気にせず食べていたような気がします。

どこで野菜嫌いになるのでしょうか?

やっぱり国産のおいしい野菜はなかなか手が出ないもの。家庭でもそうかもしれませんが、飲食店や学校給食でもコストは抑えたいものでしょう。だから本当においしい野菜を食べる機会が少なく、それが野菜嫌いの原因になっているかもしれません。食わず嫌いも多い、という話も聞きます。

我家にも小学生が二人いますが、 やっぱりおいしい野菜を食べさせてあげたいじゃないですか。きっと旬の野菜を使えばコストも抑えられるはず。

しかし最近の給食は私たちの時代と違って、メニューもいろいろ増えたようですね。食育も謳われて地産地消も取り入れられているとか。すごいですね。これからに期待がもてそうです。

子供たちがもっと野菜が好きになってもらうためにも、私たち生産者がおいしい野菜づくりをがんばっていきたいです。


お問い合せ先
有限会社ヤママツ鈴木農園
〒431-0201 静岡県浜松市篠原町4116/ TEL 053-447-5794 / FAX 053-447-8781

Copyright © 2017 ヤママツ鈴木農園 All rights reserved.